花粉症と果物アレルギーについて

花粉飛散時期を知る

花粉は日本全国、各エリアによって飛散する時期や種類が違います。
代表的で最も危険な花粉の種類を各エイアごとに飛散時期をお知らせします。

・北海道
ス ギ 3月下旬~5月
シラカンバ(ガバノキ科) 4月下旬~6月上旬
カモガヤ(イネ科) 6月下旬~8月中旬

・東北(青森、岩手、秋田、山形、宮城、福島)
ス ギ 3月上旬~5月中旬
カモガヤ(イネ科) 5月中旬~6月下旬

・関東(群馬、栃木、茨木、埼玉、千葉、東京、神奈川)
ス ギ 1月下旬~5月上旬
ブタクサ(キク科) 8月下旬~9月下旬

・甲信越北陸(山梨、長野、新潟、富山、石川、福井)
ス ギ 2月下旬~5月上旬
ケヤキ(ニレ科) 4月中旬~6月中旬
マツ(マツ科) 4月下旬~6月下旬
ヨモギ(キク科) 8月下旬~10月下旬

・東海(静岡、岐阜、愛知、三重)
ス ギ 2月上旬~5月上旬
ホソムギ属ほか(イネ科)

・近畿(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)
ス ギ 2月上旬~4月下旬
オオバヤシャブシ(カバノキ科) 3月上旬~4月中旬
カモガヤ(イネ科) 4月下旬~6月下旬

・中国(岡山、広島、鳥取、島根、山口)
ス ギ 2月上旬~4月下旬
オオバヤシャブシ(カバノキ科) 3月上旬~4月上旬
コナラ(ブナ科) 4月上旬~6月上旬
カモガヤ(イネ科) 4月中旬~6月
ブタクサ(キク科) 8月下旬~10月中旬
ヨモギ(キク科) 9月上旬~10月中旬

・四国(徳島、香川、愛媛、高知)
ス ギ 2月上旬~5月上旬
カモガヤ(イネ科) 3月下旬~6月下旬

・九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島)
ス ギ 1月下旬~4月中旬
マツ(マツ科) 4月~6月
カモガヤ(イネ科) 4月下旬~6月上旬
ブタクサ(キク科) 9月~10月中旬
ヨモギ(キク科) 8月下旬~10月上旬

・沖縄
特に注意するものはありませんが
ス ギ 1月上旬~7月下旬
ヤマモモ(ヤマモモ科) 1月下旬~2月下旬
イラクサ(イラクサ科) 8月中旬~10月上旬
ヨモギ(キク科) 9月下旬~1月上旬

どの種類の花粉に反応しているのかを知ろう

どの種類の花粉に反応していることが分かれば
事前に花粉症を予防することができます。

花粉症は、スギ花粉などの特定の抗原(アレルゲン)に対して
人間の体内で抗体(lgE)が作られることで発症します。
アレルゲンを特定する為に、血液検査をしてlgE抗体の量を調べたり
アレルゲンに対する反応をみる皮膚テストで分かります。
果物アレルギー(野菜)をおこしやすい花粉の種類

・オオバヤシャブシ(カバノキ科)
・クマシデ(カバノキ科)
・コナラ(ブナ科)
・スギ(スギ科)
・ハンノキ(カバノキ科)
・ヒノキ(ヒノキ科)
・いちご(バラ科)
・シラカンバ(カバノキ科)
・マツ(マツ科)
・カモガヤ(イネ科)
・オオアワガエリ(イネ科)
・ブタクサ(キク科)
・ヨモギ(キク科)
  ※ヨモギ花粉症と診断された場合はキクにも注意が必要です。
花粉症別 食べてはいけない果物・野菜

持っている花粉症の種類が分かったら
果物・野菜に気を付けましょう。

・スギ、ヒノキ科
メロン・パイナップル・キウイ・マンゴー・くるみ・ナシ・ナス

・カバノキ属
リンゴ・サクランボ・梨・プラム・キウイ・もも・メロン・にんじん・じゃがいも・セロリ

・イネ科
メロン・スイカ・トマト

・ブタクサ、ヨモギ属
メロン・バナナ・スイカ・キウイ・ブドウ・イチゴ・マンゴー・ナッツ・ナス・たけのこ
ほうれん草・トマト・ゴボウ・セロリ・さといも・ライチ

・ハンノキ属
リンゴ・もも・メロン・スイカ・大豆・キウイ・オレンジ・山芋・マンゴー・アボカド・にんじん
セロリ・じゃがいも・トマト・梨・びわ・サクランボ

※何らかのアレルギーを持っている場合
豆乳も危険ですので注意してください。

一般的に生のままでは危険です。
果物などは薄くスライスして電子レンジで火を通すと
食べることが出来る場合もあります。(うちの子供がそうです。)
また、何もしないで食べても大丈夫な物もあります。

初めて食べる果物などは、様子をみながら少しづつ食べるようにしましょう。
少しでも異変を感じたらストップ!
これが基本です。
最後に

外出時はめがねやマスクを忘れないようにしましょう。
帰宅後は外で衣服をはたいて花粉を家に持ち込まない。
体に抵抗力を付けましょう。
・風邪をひかない
・過労やストレスを避ける
・規則正しい生活
・十分な睡眠

花粉症による果物アレルギーは残念ながら治すことはできません。
上手く付き合って行くしかないので
その他、花粉症の症状を少しでも軽くするために、
面倒くさがらず、早めに病院へ行きお薬を貰って飲みましょう。
早めに行くのが効果的です。

果物を食べる際は、くれぐれも気を付けて下さいね。あわせて読むとおすすめ⇒歯磨き粉は研磨剤なしのおすすめ商品から選びましょう

花粉症と果物アレルギーについて

炭酸ケア

最近炭酸でお肌をケアするというのがある意味ブームになっているみたいですね。
そもそも酸素カプセルのように酸素を体に取り込むのは何となくでも体に良さそう
なのはわかるのですが炭酸といったら二酸化炭素なので本当に肌にいいんですかね。
周りの人が炭酸がいいと言うので気になって自分でもちょっと調べてみたのですが
どうやら二酸化炭素を取り込むというよりは二酸化炭素が肌を活性化させてくれる
から肌にもいい影響があるみたいですね。結局は肌に行き渡るのは酸素になるみたいで
二酸化炭素はその酸素が肌に吸収されやすいための捨て駒的な役割をしてくれるそうです。
詳しく説明すると専門用語などで長くなってしまうのでここでは省きますが
二酸化炭素を使うことによって肌にいい影響があるのは確かなようです。
実際に美容とは関係なく医療現場でも炭酸泉などが利用されていることもあるそうで
疲労回復とかそういった効果も期待できるみたいですね。炭酸の肌ケアっていいとか
悪いとかではなくなんかやってみたくなる衝動に駆られますよね。

炭酸ケア